素敵な女研究部・アメリカ編

首都圏でアメリカ生活を満喫しつつ、いい女を目指すブログ。

ちょっと真面目な話

恋愛ブレイクスルー(男と女のコミュニケーション)

過去の恋愛を振り返ると、ある時点から恋愛が進化したなと思えるブレイクスルーポイントがある。それは、「男性は女性ではない」ということの意味を理解し、男性とのコミュニケーション方法を変えた時。あの瞬間から、男性と付き合っている時のコミュニケー…

感情ベースの人との付き合い方(シンパシーとエンパシー)

42歳ともなると、今までの友人関係にも色々と変化があるもの。去っていく人もいれば、深まっていく友情もある。 ちなみに感情ベースとロジックベースの違いの説明はこちら(↓) maribes.hatenadiary.com 私の仲の良い女友達たちは、ロジックベース寄りの人…

感情ベースの人、ロジックベースの人

最近発見したことなのだけども、この世には感情ベースで話す人と、ロジック(=論理)ベースで話す人がいるようだ。他にも種類があるかも知れないし、両方の言語を話せる人もいるようだけど、この2分類は大きい。そしてそれぞれ、同じ日本語でも、全然違う…

カップルの数だけ愛の形がある

世の中、まぁ色んなカップルがいる。 外から見ている分には、「どうして結婚したのかしら」と思うようなカップルや、「もう見てるだけで美しくて本当に理想的!」など、とにかく色んなカップルがいる。週刊誌などを見れば、そのカップルが意外と簡単に壊れた…

10年後の自分を描く

やっと念願のスキャナーを買い、3連休はスキャン祭りだった。まだ終わってないが、とにかくデータマニアの私は一度相当断捨離したにもかかわらず、まだまだあらゆる文書・個人的なデータを保存している。まぁもし伝記を書くことになったら、日時まで含めて…

いちいち気にするな?(アメリカで生きていく術)

在米20年と言うと、「もうアメリカ人だね!」なんて言われることがある。 確かに「英語はペラペラ」だし、アメリカナイズされている部分は多々あるけど、それでも三子の魂なんとやらなのか、全然アメリカ人になれない(&慣れない)部分もたくさんある。 …

魅せるが勝ち!大統領の就任式

バイデンの就任式が無事に終わった。 この1週間、毎晩「今日も何もなくて良かった…(ホッ)」と思って寝るという異常な日々だったけど、メディアに踊らされていただけなのかなんなのか、とにかく何ごとも起きなかった。 腐っても米国の大統領 共和党支持者…

最近のアメリカ(友情かトランプか)

[無断転載はお断りします。ご用の方は、直接ご連絡ください。] ついに、アメリカの不穏で張り詰めた空気はかなり危険なものになりつつあり、大統領の就任式に向かってその緊張は最高潮に達しそう。このブログでは政治は扱わない予定だったのですが、アメリカ…

「子供はまだ?」と聞くのはデメリットしかない

どうも、ぼちぼち妊活中のマリベスでございます。 さて、ちょっと前のブログに妊活を始めてから気づいたことを書いてみましたが(↓)、 maribes.hatenadiary.com 最近気づいたのですが、「子供はまだ?」と聞くのは、意外と女友達に多い。両親はなぜかとても…

与える女(人は変われる)

以前、「人は変われるか」について、友人と議論したことがある。私は、変われると思うが、仲の良かった彼女は、「人は変わらない」論者だった。 結局、真実はどっちでも良いのだと思う。 人は変わると思う人には、人が変わっていくのが見えるのだろうし、人…

勝手にキレられたらどうするか(トニー・ロビンズの言葉)

話している相手の反応にイラっとくる。 そういうこと、よくありますね。 は?ナニその言い方!? と思うような瞬間。 特に、こっちがニュートラルなのに、相手が攻撃的だったりネガティブだったりするとき。 で、 なぜそんな言い方をしたのか、色々と考えだす…

結婚して良かったこと

結婚するか、しないか? それは完全に個人の自由で、どっちが良いとか良くないとか、そういう問題じゃない。自分が決めればいいこと。 私の場合は で、私の場合は、ずっといつかは結婚はしたいと思ってた。が、 1)そもそもこれと思う相手に出会わなかった …

夫に出会えるまでの道のり(愛することとは)

過去に恋愛で痛い思いをした人はどれくらいいるだろう。 私は最初の彼を初めてふった時にどれだけ泣いたか、2番目の恋人の裏切りにどれだけ手ひどい痛手を負わされたか、ピクセルレベルでその時の情景を痛いくらいよく覚えている。心が失血死しそうだった。…

アメリカ式の恋愛の流儀

さて、このブログでは、アメリカ生活を楽しく乗り切るコツの他に、国際結婚と恋愛、女の生き方、素敵な女・自分が理想と思う女を何歳になっても目指す、ということについて書いていきたいと思ってます。 そこで今日は、アメリカ式恋愛の流儀について。 ザッ…

母という存在のヤバさ

人間をザックリ乱暴に分けると、論理的な人と、感情的な人に分かれる。基本的にはだいたいみんなその間にいる。4割論理的で、6割感情的、とか。どちらかというと一般論では、女性は感情的で、男性は論理的と言われている。 ところが私の父はロジックを固め…

自分の遺伝子解析をした結果

最近では、血液を採取してもらうだけで、遺伝子を解析できるらしい。 彼と子供をどうするか問題を話している時に、遺伝子解析をするかしないかという話になり、結果として、やることになった。 私は確率でしかない余計な情報を知って心配するのが嫌なので、…

アメリカ人て誰のこと

アメリカって、アメリカ人、という単一民族が住んでいるわけではない。意外とこれ、日本にいると、肌感覚ではなかなかわからないことかもしれません。 ぱっと見では見分けがつきにくいけど、アメリカに住む「外国人」もたくさんいて、外国人の内訳も、DCみた…

多国籍アイデンティティ

日本が唯一の自分の国で、日本しか知らず、日本語しか話さない。 ある意味、そういう人が羨ましく思えることがある。選択肢がないということは、色々ごちゃごちゃと考えなくて済むということもである。シンプルだ。 私も夫も、アイデンティティが色々混在し…

飽きっぽい人向け!夢を実現させる方法(5)

昨日はちょっと結婚式予定日で脱線してしまったけど、このシリーズも今日で最後。 夢を実現させるのは、一人で頑張っていく人もいるけど、飽きっぽい私には、仲間が不可欠。 自分で書いた心の地図をブレイクダウンして、今週やること、にまで落とし込んだら…

飽きっぽい人向け!夢を実現させる方法(4)

さて、やりたいことは見えてきた。 でも、夢の実現への道のりが長い時、途中で面倒くさくなったり、やる気を失ったり、したことはないだろうか。 アメリカの大学院に応募するプロセスは、1年くらいはかけたと思う。大学4年の時、周りのみんなは就職活動した…

飽きっぽい人向け!夢を実現させる方法(3)

さて、みなさん、やってみたいこと100連発、書けただろうか。 ん?何の話?と思った方、夢を実現させる方法(2)をちょっと読んでいただくとスッキリするはず。 maribes.hatenadiary.com 実はこれ、100個スラスラ全部書き出せる人はそんなにいない。…

飽きっぽい人向け!夢を実現させる方法(2)

そもそも、「夢」ってみんなあるんだろうか。もし即答できるなら、それは結構幸せなことだ。40年近く(オーマイゴッド!いつの間に…)生きてきて思うに、大人であっても、「何がしたいのかわからない」という人はそんなに少なくない。まぁそういうわけで、高…

飽きっぽい人向け!夢を実現させる方法(1)

コロナ自粛でエンドレスに家にいると、なんだかたるんでくる。外からの刺激がZoom飲み会だけじゃ、鈍チンな私には足りないようだ。どうやらダラダラ症候群と春眠暁を覚えず病を両方併発したようで、月曜の朝から11時に起きる始末。 …あかん。あの頃を思い出…

英語の奥の深さと攻略方法

アメリカで生きるにあたり、言わずもがなで必須なのは、英語力。 しかも、本気でここで戦力として生き残るのには、生きた英語を理解し、交渉する能力がある、ところまで必要。 とはいえ、普通に日本で生活していたら、そう簡単に最初から英語が「ペラペラ喋…

見える化がうまいアメリカ

なぜ、アメリカはデータ・証拠を大事にし、見える化がうまいのか? コロナについても、ニューヨークのクオモ知事のスライドは、入院するコロナ患者の推移から、人工呼吸器を必要とする人の1日あたりの増減から、とにかく細かいデータが毎日の会見で、グラフ…

どの国が一番いい国か

最近ツイッターを見ていると、出羽守の皆さんの中でも、「日本終わった派」と「実は日本はすごいんだ派」に分かれている。そしてそれをフォローしている人たちはそれぞれ、出羽守が情報とコメントを流すたびに、「やっぱりそうですよね!」という感じの合い…