素敵な女研究部・アメリカ編

首都圏でアメリカ生活を満喫しつつ、いい女を目指すブログ。

アメリカ生活

好!トレジョの冷凍食品最前線!

メリカ、食はマズし!!お惣菜が売ってるデパ地下はなし!! ・・・という、アメリカの食事情のあるあるが塗り替えられる時が、ついにやって来たようである。 そしてそれは、日本食材店の発展でも、Hマートの値下げでもなく、期せずしてトレジョからやって来…

Talentiは2度美味しい

アメリカってなんでもでかい。 アイスクリームもガロンで売ってるし、どれもこれもあんま〜いのだが、なんていうか、太りそう… ウフフな美味しさ そんな中で、アホみたいに大量でなく、ちまたでも評判でうちでも特に美味しいと思っているのが、Talenti(タレ…

アメリカで美味しく食べれる魚・自前調達編

アメリカ飯が不味い問題はしばしばTwitterで論争になるのを見かけますが、アメリカでも、そこまでお金をかけなくても、美味しい魚にありつける方法はあります。 それは… 自分で釣ってしまうこと!! この国の長所でもある、溢れる大自然を活用して、近くの貯…

不妊治療:卵ちゃん、がんばった🥲

これまでのあらすじ(小説か!😂) 2020年の5月から動き出した不妊治療。 1年目は、SGF(DC近郊では大手のクリニック)に4ヶ月も放置されたため、2年目は保険会社を変えてクリニックもCCRMに変更してやり直し。交通事故の後遺症があったので脳神経科か…

過食症だった話

ここ数日の食事。 在米20年の人間は何を食べてるか、というと、こんな感じ。 は〜これが美味いんだな〜 ゴーヤーチャンプルーに、オクラの酢の物に、ご飯の上に自家製ご飯ですよを乗っけたもの。翌日の夜は、ごぼうを揚げて甘辛くしたやつと、お豆腐のニン…

モロヘイヤスープが食べたい!(中東のスーパーへ行ってみよう)

さて、少し前に、急にモロヘイヤスープが食べたくなってしまった日があった。 うちは母が新しい物好きで、珍しい食材でよく料理してくれたので、子供の頃からたまに食べてたスープである。エジプトの野菜で、クレオパトラも好きだったとか。 で、どうしよう…

不妊治療:貧血とむくみと推し

発表します。先週土曜日、生まれて初めて貧血になりました(多分、これを貧血というんだと思う)。 むくみと貧血と踊るホルモン 金曜の夜は友達ゲームを見ていて寝るのが遅くなり、その割に翌日は早朝7時半にクリニックの予約が入っていて、5時間睡眠で車…

レシピ:禁断のアボガドサラダ

久しぶりに簡単レシピをご紹介。 いつもながら、私のレシピは超簡単にして適当。それこそがポイントです。とりあえずパパッと美味しいものを作りたい人向け。 今日のは・・・ダララララララ… …パーン!! 禁断のアボガドサラダ! 見てるだけで生唾が。 これが美味し…

不妊治療:前座も厳しいぜ😅(夫氏がんばり中)

は〜 なかなか厳しいですな、不妊治療! 今回は前座、つまり次の生理(サイクル)が始まる2週間くらい前から薬(Estradiol…エストラディオルってなんか化粧品みたいな名前)と注射(Ominitrope)で下準備をするという方法なんですが、、、 もーーー 気分はP…

不妊治療:薬を買いたいだけなのに(3)

とにかく、IVFでナースが注文したという薬が2ヶ月も買えない。何がどうなった話だったのか、泣く子も禿げるそのストーリーの詳細に興味がある奇特な方はこちらからどうぞ・・・ 第一ラウンド。ナースが薬を注文。しかし私の医療保険屋が許可している薬局以…

不妊治療:薬を買いたいだけなのに(2)

こちら、前回(↓)からの続き。 IVFも3回目、いつも通り医薬品を買おうとした私は、医療保険・医療業界の沼にハマり、2ヶ月間も買えないでいた。 maribes.hatenadiary.com 結論:何が問題だったのか(知っておくべきこと) 今回の顛末から学んだアメリカの…

不妊治療:薬を買いたいだけなのに(1)

さてさて、久しぶりの不妊治療。 少し休んでいたのだけど、6月の生理から再開の予定で4月から動いてました。 今回は薬をさらに増やし、全部で8種類。通常は生理日から開始のIVFを、生理10日前から動き出すという方法に切り替え。 ところがですよ… 薬が…

故郷と書いて夢幻と読む

職業上のウォームアップとして、最近歌をよく歌っている(どんな職業か気になりますねぇ… まだ秘密です)。私の声の高さからか、日本の童謡が一番歌いやすいし、歌詞が美しいので気に入っている。昔、由紀さおりと安田祥子の歌を散々聞いて育ったこともある…

ついに辿り着いた情熱大陸!

ジェイソンも喜ぶ 13日の金曜日! いや〜 今日は半ドン。かれこれ3週間ぶりくらいに、やっと一息つけそうです。週末は土曜は他州での結婚式出席、日曜は歓迎会、とまたも休めませんが… ここのところ多分20日くらいは休みなしでやってきたので、過労死寸…

レシピ:獅子唐ビーフでごはんがススム君♬

素敵な女研究部へようこそ! 今日は久しぶりのレシピ紹介です。 その名も獅子唐ビーフ©️!✨ なんて単純なネーミング でもこれが大好きなのはダーリンなので、シンプルイズベストってことで、彼が言い出した呼び名をそのまま採用。このレシピは私の思いつきで…

不妊治療:もう題も思いつかない

不妊治療2回目。 卵子は前回よりも多く採れ、前回よりもちょっとだけ受精した数も多かった。のですが、結局、最後まで生き残れる卵さんはありませんでした。この年齢にしては卵子は多く採れてるというのに。でも前回よりも予後が良くなく、1週間は腹痛で寝…

ワシントンDC事情:ネバーランドへようこそ

ワシントンDCってどんなところなのか。 以前、とある女性弁護士の方が、「DCでは、小さいコミュニティの中で全てが決まっている!これを打破しなければならない!」という感じのことを息巻いて、孤軍奮闘していた。まぁ、ぱっと見はそういう風にも見えるかも…

不妊治療:採卵2回目が結構キツい(+宇宙人のおまじない)

ここ数日、実は何もできていない。 ほぼ寝ているか、携帯握りしめてあらゆるニュースやTwitterを読んでいるか。 いや、私もこういう生産性のない日ってすごく嫌なんですが、なんせ採卵してから腹痛が止まらない。集中できないし、寝ても覚めても痛い。左の卵…

不妊治療:殿は個室で

土曜のはずだった採卵第2ラウンドは月曜朝、明日の朝に決定。 手術前の最後の注射は今まで2週間で打った40本近い注射の中で、一番痛かった記憶。でも手術中の麻酔でものすごく深い眠りに落ちて、目覚めがめちゃくちゃ幸福感に満たされてたのも覚えている…

不妊治療:オフィスのトイレで

さて、不妊治療はすったもんだの末(→毎回すったもんだなので、最早詳細は忘れました)、第2ラウンドがやっと開始になりました!本日7日目。 今回は、ピルで生理日を調整してからの開始。ピル服用中は毎日吐きそうで辛かった。でもさすがに2回目ともなる…

30代の独身女子に告ぐ

なんて物々しいタイトルつけてみましたが… 30代をほぼ独身で過ごしたキャリア女子として、これだけは言い残しておきたい… という話でござるので、まぁそう身構えずに。いや何が言いたいかというとですね、30代独身女子よ… 悪いことは言わん。とりあえず、卵…

不妊治療:各種サービスはマネジメントするもの

さて、不妊治療はどうなったか?もちろん今年も前進あるのみです。 12月はクリニック側のクリスマス休暇、1月は医療保険の更新1ヶ月目ってことで、 「アメリカでの不妊治療は、12月と1月はほぼ治療を受けられぬ」という教訓を学んだところまではアップデー…

世界は白だと思えば白く見え、黒だと思えば黒く見える

最近、小さく結構落ち込んでおりました。 まぁ落ち込むに値するあれやこれやには連日事欠かない日々でして。逆にいうと、それでも昔ほど動揺せず、平常心を保ち、自分の心を守れるようになった分、なんだかずいぶん強くなったなぁ、とも思ったり。 それこそ…

まだまだ青い私をこれからもよろしくお願いします

1月は、結婚記念日に続いて私の誕生日。 ついに、43歳になってしまいましたぁ〜!!! これを読んでいる20代の諸君、BBAと言うなかれ。 いや私だってまさか自分が人並みに歳をとるなんて、知りませんでしたよ。脳内イメージは20代の時のピチピチで数…

夫の仕事における能力

最近は不妊治療ばなしばっかりだったので、ちょっと久しぶりに恋愛道の話に戻ろう。恋愛道(&結婚道)もこのブログの大事なテーマ。 昔、私の友人で、なかなか彼ができない人がいた。当時彼女は30代後半。彼女はすごく優秀でデキる女なのだが、ある時なぜ…

新年のご挨拶と2022年の目標

新年、明けましておめでとうございます。🎍⛩🌅 皆様は、どこでどのように過ごされましたでしょうか。 地球上、どこにいようと、今年は皆様の夢が叶う、素晴らしい1年になりますよう、お祈り申し上げます。 アメリカの元日 私の方は、年末に普段行かない日本食材…

不妊治療:またも医療保険システムに翻弄される(が、めげない!)

みなさん、TBSのドラマ『日本沈没』、見ました??? 私はネットフリックスで見ましたが、もう号泣でしたよ、色んなシーンで… 色々と思うところがありすぎて、私の中で地殻変動が起きたくらいです。 またテーマ曲がすごく良いんですよ… タラララ〜 タリララ…

夫の所業

夫は人に自分のことをあまり話さない。それよりも人の話を聞く方に回ることが多い。でも、どうやら最近、少しずつ明るみに出てきた夫の姿が、なんか神々しくて、少しだけ、どうして私と結婚したのかな、と思ってしまう。 感謝祭の料理中、彼母との話題は夫の…

不妊治療:12月は鬼門

さて、その後不妊治療はどうなったか? (前回までの話↓) maribes.hatenadiary.com いや、もちろん続行です! なんせ、42歳っていうと、不妊治療の成功率データがまともに出てる最後の歳。今まで見たデータは、43以降はなぜか「それ以上の方」みたいな…

嫁、初めて感謝祭をホストする:メニューと反省点

は〜 感謝祭ウィーク、終わってしまいました。 私は今年、嫁として初めて夫の家族4人をわざわざニュージャージーから来てもらってホストするという大役を仰せつかっておりましたので、もはや実質月曜の夜から感謝祭ウィークの準備を始めておりました(仕事…