素敵な女研究部・アメリカ編

首都圏でアメリカ生活を満喫しつつ、いい女を目指すブログ。

ベイビー大作戦

不妊治療:さよなら卵たち

今週火曜の遅めの朝、携帯を見たら、CCRM(不妊治療クリニック)から電話が2回、留守電が1つ、そしてメールが届いていた。2回も電話ってなんだろう。慌ててとりあえずメールを見てみた。 「Unfortunately(残念なことに)」がまず目に飛び込んでくる。あ…

不妊治療:アメリカで不妊治療する際に大事な点など

とりあえず採卵が終わったところだけど、私の体験から考えた、アメリカでの不妊治療に関して大事なポイントを一旦まとめてみました。 クリニックから見た朝焼け。クリニック参拝は朝が早いんですよ… よく頑張った。 クリニック選びは大事!そしてアメリカだ…

不妊治療:採卵の巻(DAY15)🥚🐣

不妊治療も15日目、もうここまで来たら、あとは採卵するのみ。 お腹はもう妊娠5ヶ月くらいに膨らんでて重いし、もうチャチャッとやってもらいたい。 当日は 朝日の中を珍しく早起きの夫氏と一緒にドライブし、CCRMに到着。いつもとは違う部屋に通されると…

不妊治療:気分は雌鶏🐓(DAY 13)

初めての不妊治療1サイクル目。 目下、私のスケジュールは不妊治療を中心に回っている。 妊婦体験中 以前ブログで(↓)、お腹が出てるのは妊娠しているからではなく、不妊治療中ということもあると聞いた、と書いた。 maribes.hatenadiary.com やっとその意…

不妊治療:蜂の巣で切腹で鬼忙しい(DAY8)

始まったら止まらない、不妊治療も8日目! いやーこりゃ大変ですわ。 なんせ、IVFのサイクル中の2週間は、前日に明朝(早朝)の予定が決まる日々で、それが私のスケジュールの中心。それも数日おきに!これはほんまに、リモートワークだからジャグリングで…

不妊治療:いきなり開始😱(DAY4)

定期的に書いてたブログですが、誰か神様に当家は火の車ってご注進したのか、ものっすごく突然仕事で忙しくなり、ニューオーリンズなんぞに出張したり、出張から帰ってきたら彼のマブダチが転がり込んでたり、夫の誕生日会したりしてる間に、少し時間が経っ…

不妊治療:やっと開始?🎉

2020年5月から始めた不妊治療クエスト。 フィクションじゃないだけに、全然読めない展開に毎月ドッキドキのジェットコースター。 これまでのあらすじは、右のテーマの「ベイビー大作戦」を見てもらうか、こちらの記事をどうぞ。 maribes.hatenadiary.com 医…

不妊治療:助成金に応募する件

1回平均200万円のアメリカのIVF。*1 しかもIVFに保険が効く州のはずなのに、まさかの保険会社は却下。 40代では6回やって打率3割。 6回やったら1200万円。やっぱりローン組んじゃうのか。いや家のローンは少なくとも持ち家が手に入るけど、IVF…

不妊治療:高すぎる!で、アメリカ人はどうしてるの?

不妊治療、着手してから早1年3ヶ月。アメリカの医療システムに翻弄されて、結局まだ、実質的に「治療」という段階に漕ぎ着けていない私たち。治療したってこの年齢じゃ厳しいのに!どんだけだよ、アメリカの医療システム! これまでのあらすじ 前回までの…

不妊治療:姑息な保険会社に忍耐の日々

さてさて、「1週間後どうなるのか?」と匂わせておきながら、もう1ヶ月近く経っている例の不妊治療。どうなってんのと思った方もいらっしゃるかもしれません。いや私も思ってました。 結局妊娠はしておらず、ストレスで遅れて到着した生理がちょうど来まし…

不妊治療:まさかの医療保険ブロックきました💢

やっとCCRM(不妊治療クリニック)から、「IVFやってよし!」とのお墨付きをいただき、1ヶ月後の生理からは色々大変だな〜と、その前に各友人と飲み明かしておかねばと、最後の晩餐くらいの勢いで予定を立て始めたのが3週間前。 ところがですよ… さすが絶対…

で、不妊治療費はいくらなの!?

表題の件。 もはや今回は結論から行きましょう。 結論 今日わかった結論は、アメリカでの不妊治療費は、以下の3つに分かれているが、かなり最後まで費用がいくらになるのかわからない!です。 保険屋がカバーする治療費(詳細は謎)+ カバーされない治療費…

不妊治療:祝⭐️ IVFのサイクルまで1ヶ月!

カタツムリもびっくりな速度で進んでいる不妊治療、やっと実質的な「治療」と言える段階まで来ました。あぁ長かった・・・この前座みたいな段階が1年続くとは。さすがアメリカ。コロナとはいえ、さすがアメリカ…(遠い目)。 要約すると、全米で最も著名なS…

不妊治療すごろく、次に行きます!

お待ちかね(待ってないって?)! アメリカでの不妊治療、その後どうなったのか!? コロナやらアメリカあるあるな医療機関の問題を障害物競走のように飛び越えたりかいくぐったりしている間に、不妊治療に向けて行動を開始してから早11ヶ月。 時間かかり…

まさかの不妊治療してもらえないかも!?

さてさて、月日はどんどん過ぎていきますが、例の不妊治療はどうなったのよ、と。 (以下、これまでの不妊治療クリニック難民の経緯 ↓) maribes.hatenadiary.com もちろん、こっちもプロジェクト並みの感覚で、チクチク前に進めてますが、またも障害発生。…

不妊治療クリニック難民のその後(CCRMに到達)

前回まで書いたように(↓)、不妊治療クリニック難民をやってたわけですが、やっとCCRMにアポを入れられ、今日バージニア支部のクリニック長とビデオ通話できました。予想通り予約するのに3週間もかかりましたが、なんとかアメリカ的想定の範囲内で進んでま…

妊活を甘く見るもんじゃありません

妊活。 部活みたいで嫌な響きだが、「まぁでも、要はセックスをもっとしろってことでしょ?悪くないんじゃないの?」なんて思っていた私は浅はかであった。 いやいやいやいや… セックスも仕事化すると大変である点は以前説明した。 maribes.hatenadiary.com …

その後、不妊治療はどうなったか?

不妊治療についに手を出したことは、前回までをご覧いただきたい。 maribes.hatenadiary.com maribes.hatenadiary.com maribes.hatenadiary.com で、最後のエントリーは11月。 リキャップすると、10月半ばに、「担当者が変わった」との理由で( alert!!…

「子供はまだ?」と聞くのはデメリットしかない

どうも、ぼちぼち妊活中のマリベスでございます。 さて、ちょっと前のブログに妊活を始めてから気づいたことを書いてみましたが(↓)、 maribes.hatenadiary.com 最近気づいたのですが、「子供はまだ?」と聞くのは、意外と女友達に多い。両親はなぜかとても…

セックスにも色んなフェーズがある

セックス。 っていうと、どんなイメージ? エロいとか、卑猥とか、そんな感じ? セックス、なんて冒頭から書かないでよ、キャ〜って感じ? いやセックスほど、目的が何かによってイメージが変わる言葉もないと思うんですね。エロ小説とか読んだら、文字だけ…

すごいもん見つけてしまった

いやいや、すごいもんを見つけてしまいました。 たまたま流して聞けるYouTubeを探していて、適当にかけてたら、こんなのにぶち当たりました。 【12人目妊娠中】なんで12人も産もうと思ったん?(長編) この方、助産師さんで自分でもお子さんを11人産んで…

甘く見てました、40代の妊活💧

結婚相手を見つけるまでの道のりも暗黒街道が長くて大変だった。 で、結婚相手を見つけてから結婚に落とし込むまで(→プロジェクトか笑!)も、自分一人じゃないだけにそれなりに時間がかかった。 しかしあなたこれ、いわゆる妊活は婚活より大変ですやん 人…

続:アメリカの不妊治療(アメリカで生きるのに必要なスキル)

アメリカの不妊治療が、相変わらず医療保険制度とこの国のあるあるな質の低いサービスのせいで、「不妊治療したい」というだけでかれこれ5ヶ月もかかっている。 というところまでは、前回の記事で書いたところ。 maribes.hatenadiary.com で、8月20日に「こ…

アメリカの不妊治療は大変

我が家では、諸事情により、ベイビー大作戦において、不妊治療の病院にお世話になることになっている。まさか自分がお世話になるとは、本気では思っていなかったので若干不服ではあるものの、時間がないのであらゆる手を尽くすということで、できることはな…

もしもシングルパパになったら?

昨晩、ふと思いついて夫に聞いてみたくなった。 「ねぇ、私が子供を産んで、その1年後に死んじゃって、シングルパパになったら、どうする?」 いや、こんなことを言い出す理由なんてまったくなくて、単なる思いつき。 そういうことがあったら、どうするんだ…